​丸谷元人

世界の危険地帯を渡り歩き
危機管理・テロ対策現場の第一線で
活躍するプロフェッショナル

maru.png

オーストラリア国立大学卒業後、国立戦争記念館の通訳・翻訳を皮切りに、パプアニューギニアへ移住。2社の会社を立ち上げる傍ら、治安の悪い地域での要人警護などを行う。

その後、豊富な経験を買われ、グローバル企業の危機管理対策ユニットの一員として、ナイジェリアの危険地帯に赴任。誘拐・人身売買を一大ビジネスにしている地元マフィアへの諜報活動・交渉。

 

1年で8,000人の民間人を殺害したテロリスト集団から爆破予告を受けながらも、要人の警護・施設の警備を遂行。任務を通して、高い危機管理能力・情報分析のスキルを習得した。

現在もグローバル企業の危機管理を担当しつつ、日本人・日本企業の「インテリジェンス力」を高めるための講演・執筆活動・テレビ出演をこなす、国際派ジャーナリストとしても活躍している。

Marutani hajime

marutani.png